閉じる
  1. 投資信託のメリットとデメリットについて
  2. インデックスファンドについて
  3. 分配金利回りが高い=良いではない!
  4. 投資信託は長期投資がおすすめ
閉じる

初心者は仕手株の存在に注意しましょう

株の取引では、安く買って高く売ることが原則です。株価が上昇しそうな株を買おうとするのは、当然の心理です。
しかし、あまりに急騰が激しいものには危険があり、注意が必要です。それは仕手株と呼ばれるものかもしれません。

仕手株とは、悪意と大量の資金を持った集団によって、相場が操作されている株です。
このような集団を仕手筋と言います。仕手筋は、本来なら安いままであるべき銘柄を相場操縦のために買い集めていきます。
そして情報操作や相場操縦のための大量取引を行うことで、株価を急騰させます。

初心者などの個人投資家は、このような場面で「この銘柄は価格の上昇局面にある」と思って購入してしまいます。
仕手筋は、株価が急騰して高価格になったところで売却して利益を得ます。
大量の資金で買い付けていた仕手筋が売り払ってしまうと、その株によほどの実力がなければ、その株の株価は急落します。
こうして仕手筋以外の投資家は損失を被ってしまいます。

仕手株が成立するのは、株取引に一種の心理戦・情報戦という面があるからです。
仕手筋は、その株が仕手株だとわからないように、最初に安値で仕入れ始めたときも目立たないように少しずつ行いますし、急落の前の売却も、その動きを見破られないよう慎重にタイミングを見計らっています。

また、仕手筋は情報発信を巧みに利用します。
あまり性質のよくないマスコミや、投資顧問会社を使って情報を流します。
最近ではネットでも簡単に大量の情報が発信できるようになりました。匿名掲示板の書き込みや、メール配信サービスを利用するものです。

仕手筋の仲間同士で取引を繰り返し、出来高が大きいかのように見せかけることもします。
また「見せ玉」といって、架空の売買注文をして、その銘柄に注目が集まっているかのように装うこともします。

初心者にとって危険を見抜きにくいのは、株価の上昇や、マスコミや投資会社、ネットの情報には、もちろん根拠や価値のある場合の方が多いからです。
また、悪質な取引があっても取引者の素性まで初心者が知ることは至難の業です。

仕手株の見分け方について

仕手株を見抜くことは初心者に難しいものですが、いくつかの点に注意しておけば大きな被害を免れることはできます。

仕手株となりがちなのは、経営状態が思わしくなく長期にわたって株価が低迷しているような銘柄です。
仕手筋にとっては購入しやすい状態です。同様に、相場を操作しやすいことから、株式発行数が小さいものも仕手筋に目をつけられやすくなります。
このような銘柄が理由もなく急騰すると仕手株の可能性が高いです。

経営状態について、突然「明るい材料」があちこちで宣伝されることがあります。これも仕手筋の情報戦かもしれません。
できるだけ企業自身が発信する情報に触れるようにし、情報の発信元についての評価も日ごろから確かめておきましょう。
あやしい情報元からしか好材料が出ていないような銘柄は、仕手株である可能性が高いです。

株の取引が情報戦・心理戦の様相を強く呈するのは、チャート分析で短期に売買しようとするケースです。
チャート図だけを見る場合でも、あまりに急騰が唐突であるものは避けましょう。
できれば、企業の実力をファンダメンタルズ分析で把握しておきたいものです。
企業の実力と株価とがはなはだしく乖離しているものは仕手株の危険があります。

人為的に相場を操縦することは、証券取引法違反で重い罰が課せられる行為ですが、犯意の証明が難しく取り締まられることがあまりありません。
したがって、仕手筋の行為は後を絶ちません。中には同じ銘柄を繰り返し仕手株とする場合もあります。一度、仕手株となった銘柄は避けた方が無難でしょう。

仕手筋の暗躍を防ぐには、彼らが利益を上げられないようにすることです。
株式投資の基本ですが、一つの銘柄に集中して取引するのはやめましょう。たとえ仕手株に引っかかってもダメージが少なくなります。
こういった基本をないがしろにして、特定の銘柄だけを強力に推し進めるような投資顧問会社や、ネットでの働きかけは仕手筋の息が掛かっている可能性があります。

初心者のうちは安全な取引を少しずつ基本に忠実に行いましょう。そして業界の噂や評判を多く集めていきましょう。
株価の動きで自然と言えるのはどのようなものか、信頼できる情報発信者は誰なのかを知ることで、不自然な株価や胡散臭い情報を見分けやすくなります。

おすすめ記事
  1. 投資信託のメリットとデメリットについて
  2. 分配金利回りが高い=良いではない!
  3. 投資信託は長期投資がおすすめ
  4. インデックスファンドについて
新着記事
  1. 銀行預金に利息が殆どつかない時代が長く続いています。収入が高くない限り、利息に頼らずに老後の資金…
  2. ジュエリーは市場やタイミングによって値段が変わって行きます。売り出した時人気の商品だと高く買取し…
  3. 株式投資には短期的な値動きに応じて売買を繰り返す方法と、長期的に保有することでじっくりと利益を取って…
  4. 投資家が株を保有した場合には、業績によってインカムゲインとなる配当を受け取ることができます。一方…
  5. 株の取引では、安く買って高く売ることが原則です。株価が上昇しそうな株を買おうとするのは、当然の心理で…
  6. 投資を行うときは、投資に関するあらゆる情報を知っておく必要がありますが、その情報を得る方法はいくつか…
ページ上部へ戻る