閉じる
  1. 分配金利回りが高い=良いではない!
  2. インデックスファンドについて
  3. 投資信託は長期投資がおすすめ
  4. 投資信託のメリットとデメリットについて
閉じる

投資信託は安全に資産を増やすことが出来る?

投資信託とは、多数の投資家から資金を集めて一つの基金とし、この基金を運用の専門家が株式や不動産などに投資して、そこで得た利益を投資家に還元する仕組みです。
資産運用を安全にするには、投資先を分散することが大切です。

ある金融商品で損をしても、別の金融商品で埋めあわせることができるからです。
投資信託では、専門家が様々な株や債券、不動産に分散してくれるので、投資家個人がそれらについて幅広い知識を持つ必要はありません。
公社債投資信託以外では株式を取り入れているので株価に合わせて運用実績が変わりますが、あくまで他の資産と組み合わせていますので、株価そのものの変動に比べれば変動幅は小さいことが一般的です。
投資信託を運用している会社を運用会社と言います。

運用会社の投資信託を、投資家は証券会社などの販売店を通じて購入します。
運用会社はその資産の管理を信託銀行などに託しています。
販売会社が破綻しても、投資信託には関係ありません。運用会社が破綻しても資金は信託銀行などにあるので、きちんと守られます。
信託銀行が破綻しても、信託銀行の資産と、投資家から預かった資産は分別管理されていますから安全に守られています。

利回りについては多少知識が必要です。
投資信託は利益を分配するものですが、分配することを優先して元金から分配金を出すこともあるからです。
また、販売会社・運用会社・信託銀行などに手数料を払っている分も差し引いて考えなくてはなりません。

おおむね預貯金より利回りは良いことが多いですが、個別の投資信託には先ほどの知識を基に計算する必要があります。
投資信託は長期保有するのが一般的ですが、値上がりしたタイミングで売却し、現金化することも可能です。
投資信託は、個々の投資を専門家が行ってくれること、変動幅が少ないこと、最終的には信託銀行などで分別管理されていて個々の金融機関の破綻から守られていることから、比較的安全な資産運用法だと言えます。

投資信託に必要な基礎知識とは

投資信託は比較的安全な金融商品ですが、預貯金のように制度的な元本保証はありません。
保有中に投資信託が時価(基準価格)を下回って損をする可能性もあります。
また、分配金には、値上がり分を分配する「普通分配金」と元本から支払われる「元本払戻金(特別分配金)」とがあります。

毎決算時に分配金を出していても、元本払戻金が多いと分配後の個別元本の額は減ってしまうことに注意しましょう。
投資信託の時価が上がっているタイミングで現金化すれば売却益が得られます。
ただ、投資信託の換金時には信託財産留保額というコストを負担しなければなりません。

これ以外に、購入時や運用時にも手数料がかかります。
運用時に掛かるコスト(信託報酬・運用管理費用)は運用中ずっと掛かるので、いくらなのかしっかり確認しましょう。
ただ、投資信託が一般的になるにつれ、これらの手数料は安くなりつつあります。
投資信託は投資対象を分散することでリスクを抑えるのが基本です。
バランスファンドと呼ばれるものは、特にこの基本に忠実な投資信託です。

投資信託にはインデックスファンド(パッシブファンド)と呼ばれるものがあります。
これは「日経平均株価」などの指数に連動した投資を目指すものです。
資産の種類については投資者の判断に任されます(その種類の中の細かい選別は専門家が行います)。
バランスファンドより信託報酬が安い傾向があり、リターンも高い傾向があります。

「アクティブファンド」と呼ばれる運用指標を上回る成果を目指す投資信託もあります。
大きなリターンが期待できるだけ変動リスクも高く、上級者向けの投資信託です。

なお、普通分配金や、現金化した際の売買益には税が掛かります。
NISAや積立NISAという制度を利用すれば非課税となります。
NISAでは年間120万円までの投資が5年間、積立NISAでは、年間40万円の投資が20年間非課税となります。

おすすめ記事
  1. 投資信託のメリットとデメリットについて
  2. 分配金利回りが高い=良いではない!
  3. 投資信託は長期投資がおすすめ
  4. インデックスファンドについて
新着記事
  1. 投資方法には実に様々な手法があります。人によって合うスタイルは違うので、自分にはどのような投資方…
  2. 銀行預金に利息が殆どつかない時代が長く続いています。収入が高くない限り、利息に頼らずに老後の資金…
  3. ジュエリーは市場やタイミングによって値段が変わって行きます。売り出した時人気の商品だと高く買取し…
  4. 株式投資には短期的な値動きに応じて売買を繰り返す方法と、長期的に保有することでじっくりと利益を取って…
  5. 投資家が株を保有した場合には、業績によってインカムゲインとなる配当を受け取ることができます。一方…
  6. 株の取引では、安く買って高く売ることが原則です。株価が上昇しそうな株を買おうとするのは、当然の心理で…
ページ上部へ戻る