閉じる
  1. 投資信託のメリットとデメリットについて
  2. 投資信託は長期投資がおすすめ
  3. インデックスファンドについて
  4. 分配金利回りが高い=良いではない!
閉じる

アーカイブ:2017年 7月

投資信託とは、多数の投資家から資金を集めて1つの基金とし、この基金を専門家が運用し、利益を投資家に分配する仕組みです。株式では最低でも株価×最小単位株数の資金が必要ですが、投資信託では、基金にどの金額から参加可能かは自由に設定できます。…

投資信託の分配金とは、投資信託の年間収益を投資家に還元するお金で、通常、決算時に支払われます。ただし支払うかどうか、どの程度の割合で分配するのかは、運用成績やファンドの運用方針によって運用会社が決めるため、必ず決算期ごとに支払われるとは…

新着記事
  1. 銀行預金に利息が殆どつかない時代が長く続いています。収入が高くない限り、利息に頼らずに老後の資金…
  2. ジュエリーは市場やタイミングによって値段が変わって行きます。売り出した時人気の商品だと高く買取し…
  3. 株式投資には短期的な値動きに応じて売買を繰り返す方法と、長期的に保有することでじっくりと利益を取って…
  4. 投資家が株を保有した場合には、業績によってインカムゲインとなる配当を受け取ることができます。一方…
  5. 株の取引では、安く買って高く売ることが原則です。株価が上昇しそうな株を買おうとするのは、当然の心理で…
  6. 投資を行うときは、投資に関するあらゆる情報を知っておく必要がありますが、その情報を得る方法はいくつか…
ページ上部へ戻る